目的と飲み易さで選ぶ青汁

12月 11th, 2014

健康によく生活習慣病予防に効果があるといわれる青汁、最近は製造メーカーや種類も非常に沢山あり、消費者にとっては選択に迷います。栄養補給を目的とする場合は、継続的な利用が必要であるため飲みやすい味の商品を選びたいですね。健康志向を強く求める場合は、栄養価が高く植物繊維やカリウムを多く含んだ整腸効果が高いものを選ぶのも、便秘がちな人には効果的です。漢方医薬に効果を期待する人には、東洋医学の分野から選ばれた素材と抹茶や桑の葉などの材料を利用した和漢素材配合の商品などがおすすめです。ビタミン、ミネラル、アミノ酸が圧倒的に多く含まれるケールを粒にした製品なども、肌の潤いを求める人に人気があります。


<試飲により感触を確かめる>

最近は殆どの企業が、青汁の無料サンプルや特別価格によるお試し商品の提供などのキャンペーンを展開しているので、興味のある製品を取り寄せ飲み心地や効用などの感じを実体験し、気に入ったものを選ぶことが一番効果的な選び方と言えます。同じ効用が期待できるなら、飲み安さやすっきり感のする商品を選ぶと飽きることがないので、継続的な使用が可能になります。生野菜を毎日必要量を食事で摂る事は殆ど行ってよいほど無理な注文、青汁であれば何時でもどこでも摂取することが可能になるので、健康維持に対する食材の王様のような存在と言えます。

青汁は妊娠中もOK?

8月 29th, 2014

青汁自体は妊娠中にも積極的に取り入れたほうがいい栄養素が多く含まれていますから、取り入れても良いものですが、原料や内容によっては避けるべきものがあります。まず無農薬の原料から作られたものを選ばなければなりません。無農薬無添加というモノが多く見られますので、それほど難しいことではありません。次にはブレンドや添加物も注意してみてみましょう。便秘になりやすく、栄養も偏りがちな時期ですので、妊娠中の青汁は本来ならば大変良いものです。ただし冷凍のものは出来るだけ常温に近い状態にしてから飲みましょう。急に冷たいものを飲むのは、お腹の赤ちゃんにも良くありません。


<カフェインには特に注意>

青汁の中には飲みやすさを重視してお茶などをブレンドしているものがあります。お茶にはカフェインが含まれていますので、妊娠中にはよくないとされています。ノンカフェインが理想的ですので、そのように明記してあるものを選ぶとよいでしょう。


<妊婦にも安心と書いているものを>

とはいえ見てもよくわからないというのは正直なところです。そういった場合にはHPなどで「妊婦。授乳期にも安心して飲める」ということを明記しているものを選ぶとよいでしょう。

青汁の健康効果

5月 30th, 2014

青汁の健康効果は古くからあると言われ続け、司馬遼太郎も飲んでいたそうです。そんな青汁ですが、具体的な健康効果は非常に幅広く、栄養価もさまざまなものを持っている飲み物なのです。


<青汁の栄養価>

青汁といっても成分は定まっておらず、メーカーごとにさまざまです。例えば定番の材料であるケールに注目すると、なんとケールの青汁を300ミリリットル飲めば不足しがちな栄養素は全て補えると言われています。ケールの栄養素は、ビタミン全般を多く含んでおり、それ以外にも鉄分、ナトリウム、カリウム、マグネシウムといったミネラル分と食物繊維が多く含まれています。そうした栄養素の高い植物を絞って作られています。


<健康効果>

健康効果がたくさんあるというのは、幅広く必要な栄養素を多く含んでいるので、飲み続けると栄養バランスが改善され健康になるという意味です。特に期待して飲まれている効果のひとつはコレステロールの抑制と血栓の予防です。これらは悪化すると深刻な病気になるので、対策として飲まれています。栄養バランスの改善は生活習慣病に効果があり、多く含まれている食物繊維は便秘にも効果があります。女性の方はダイエット目的で飲まれる方が中心のようです。

青汁とダイエット

4月 9th, 2014

一時期は青汁ダイエットといって飲むと痩せると思っている人もいるかもしれませんが、
残念ながら「飲むだけでは」痩せることはありません。

適度に身体を動かし、ちゃんとした食事を取り、なおかつ青汁を取ることで「痩せやすい身体」を作ることができるというのが青汁ダイエットのやり方といってもいいでしょう。


<さらに飲み続けることによって太りにくい身体になります>

さらに嬉しいことに青汁を飲み続けることによって体質の改善にもなりますので、いままで太りやすかった人、痩せてもすぐに太る人がいたかもしれませんが、毎日飲むことによって「太りにくい身体」を作ることができます。

いわゆるリバウンドをしないということです。もちろん暴飲暴食をすればリバウンドをしますが、普通の食事をするぐらいで体重が戻ったり、さらに増えたりすることはないといってもいいでしょう。


<何故痩せやすくなるのか?>

青汁を飲み続けることによって身体の中にある老廃物を外に出す効果があります。この老廃物は太りやすくしたり、痩せにくくしたりといったマイナス効果しかなく、それを出すことによって痩せやすくなるのです。

さらに新陳代謝の効果も高めるので脂肪の燃焼にもなるというわけです。飲むだけでは意味がありませんが、ダイエットの手助けになることは間違いないです。

生活スタイルに合わせて選ぶ青汁

3月 31st, 2014

青汁は粉末や冷凍、ゼリータイプなど、さまざまなものがあります。味も使われている素材などで違いますが、大麦若葉を利用しているものは、苦みが少なく飲みやすいという人が多いそうです。また味がどうしても好きになれないという人のために錠剤タイプの青汁もあるそうです。


●ダイエット目的で青汁を飲む場合●

ダイエット目的で青汁を利用する場合には、できるだけ飲むタイプのものがいいでしょう。水を飲むように青汁を摂取することで、空腹感を抑えることができますし、マメに水分を補給することで便秘の解消にも役立ちます。家を出ない場合には、冷凍してあるものを利用すれば、生でしか補給できない栄養分なども摂取できます。しかし、冷凍タイプは味が濃く、慣れていない人は飲みにくいそうです。


●時間がない場合は錠剤タイプを●

普段の食生活では外食が多く、野菜不足などを気にしている場合、時間がなかなか取れないという人には、錠剤タイプもいいかと思います。味などを気にする必要もないですし、水で直ぐに飲むことができます。持ち歩くことができますから、ランチの後などで飲むことができますね。また抹茶風味の青汁もどうしても飲めないという苦みが苦手な人にも錠剤タイプはいいかもしれません。

青汁を使った料理を食べる

2月 7th, 2014

毎日の食事でどのぐらいの量の野菜を摂取していますか?多くの方が、十分と言える量の野菜を摂取する事が出来ていないと思います。そこで、簡単に足りない栄養を摂る事が出来る青汁を使って料理をしてみませんか?


●温めても問題なし●

生野菜を食べる際、加熱によって栄養成分が変化してしまったり栄養素の量が減少してしまったりするのですが、青汁は加熱を行っても栄養成分に変化が出る事がほとんどありません。料理の調理法によって栄養成分が変化してしまうのは、栄養成分に対して知識を持っていないと中々理解する事が難しくなってきます。ですが、加熱を行っても栄養成分に変化のない青汁ならば難しい事を考える事無く簡単に料理に使用する事が出来ますし、摂取する栄養成分が減る事がありません。


●どんな料理に使えるのか●

青汁を使った料理というのは、作った事が無い方だとあまり思いつかないのではないでしょうか?和食が良いのか洋食がいいのか悩んでしまう方も多いかと思いますが、それほど難しく考える必要はありません。驚いた事に、意外にもどんな料理にも合ってしまいます。例えば、ふりかけと青汁の粉を混ぜておにぎりにしてみたり、ホワイトソースに混ぜてグラタンにしてみたりと利用方法は様々です。お菓子にも使う事が出来ますからヘルシーで栄養豊富なおやつを作る事も出来ます。

毎日青汁を飲み続ける工夫

1月 16th, 2014

青汁は長期間飲み続ける事ではじめて効果があり、身体に良く健康の為に飲み続けたいという人も多くいます。しかしなかにはどうしても青汁の青臭さが苦手という方や苦味渋みといった癖のある味が苦手という方もいます。長期間に渡る摂取が必要な商品ですから苦手なものを飲み続けるのは大変ですよね、そこで少しでも青汁を長く続けられる為のコツを紹介します。


青汁の上手な飲み方

青汁の上手な飲み方としてはよく牛乳やヨーグルトといった乳製品に溶かして飲む方法が紹介されています。これは乳製品が苦味や渋みを和らげる効果がある他に、同時にカルシウムを摂取する事でより高い健康作用が期待できるからです。またそれでも味が気になるという方ははちみつを入れる方法も有効です。またある程度自分で料理される方はクッキーやケーキ、スープや煮物に盛り込むのも効果的なようです。


飲みやすい形状の商品を選ぶ

ただそれでもどうしても味が気になるという方は粉末タイプや液体タイプのものではなく、錠剤タイプやゼリータイプの商品を利用すると良いでしょう。これらは水さえあれば比較的にどこでも用意に摂取できる他、口にとどめておく時間も短い為殆ど味を感じる事なく摂取できます。その為言ってみればサプリメントのような間隔で青汁を続ける事が可能です。

野菜不足の危険性

1月 16th, 2014

野菜不足の解消手段として青汁は今注目を集めていますが、なかなか人は実際に何らかの症状が出てからでないとこういった習慣ははじめられないもの。勿論健康の為、身体にいいからという理由で飲み始める人もそれなりにいるとは思います、しかし基本は何かしらの不調を自覚してからというケールが多いようです。では野菜不足に陥ると実際どのような影響を身体に及ぼすのでしょうか。


野菜不足の概要

野菜不足とは即ち野菜を摂る事で本来摂取する必要のあるビタミンやミネラルといった栄養素が不足しているという状態です。例えばビタミンが不足してくると免疫力が低下する他、人体の酸化が早まり老化を加速させると言われています。またカルシウムの不足は成長を妨げますし、カリウムが不足すると塩分過多となり血圧が高くなる傾向にあります。血圧が高くなると言わずもがな心不全や脳梗塞といった症状の原因となり得ますし、これは最悪死んでしまうので一度症状が出てから青汁を飲もう、では遅すぎます。


青汁で症状を予防しよう

このような症状が発症するまで野菜不足を放置しておくのではなく、青汁は手軽にはじめる事ができるのでまず何かしら不安があるようなら手を打ちましょう。野菜付属解消の為には朝一に野菜やフルーツを食べるのが効果的とされているので青汁も朝一に飲むと良いでしょう。

青汁の製法

1月 16th, 2014

青汁はどれも一見同じように見えますが、実は主原料となっている野菜やその製法差など商品ごとに結構な差があります。例えばケールが主成分の商品と大麦若葉が主成分の商品では成分や味が全然違いますし、同様に同じ材料でもその製造方法によって成分や味が変わってきます。青汁の製造方法はゼリー状の商品や錠剤のもの等例外を除くと主に二つに分ける事が出来ます。


瞬間冷凍生成の青汁

青汁の代表的な製法の一つにはまず瞬間冷凍による生成方法があります。これは青汁の材料となるケールや大麦若葉などを絞った汁をすぐに瞬間冷凍した商品であり、そのまま飲むあるいは濃縮タイプなら水に溶かして飲む事になります。鮮度が良く喉越しも良い反面、絞り汁である為やや食物繊維は少なく、また基本的には冷蔵庫での保存が必要になります。


フリーズドライによる粉末タイプ

ただ最近の青汁は殆どがこちらのフリーズドライによる粉末タイプが主流になりつつあります。主原料となる野菜をそのまま、あるいは絞り汁をこちらは凍らせた後真空状態の中乾燥させた、所謂インスタント食品などによく見られるフリーズドライ製法で作られたものです。こちらは食物繊維や熱に弱いビタミンが殆ど損なわれない反面、食物繊維が多いが故に喉に引っかかり飲みづらいといった方もいるようです。自分の好みで商品の製法は選ぶと良いでしょう。

青汁と野菜ジュースの違い

1月 16th, 2014

野菜不足を解決したいという事であれば、青汁と同様に野菜ジュースがよく比較対象としてあげられます。確かにどちらも野菜を主成分とした飲み物ですがではこの二つには具体的にどういった違いがあるのでしょうか。


一般的な青汁と野菜ジュースのイメージ

あくまで一般のイメージではありますが青汁はまずケールや大麦若葉といった緑葉野菜を主成分に作られる為濃い緑色のイメージが強く浸透しています。一方野菜ジュースは人参などの緑黄色野菜をベースとしたものが多い為橙色をした商品が多く、他にも紫キャベツをベースにした紫色をした商品などカラーバリエーションが豊富です。青汁が緑葉野菜の汁なのに対し野菜ジュースは何でもいいので野菜をジュース状にしたものというイメージが一般的です。


正確な差は処理方法に

ただそういった社会的イメージ以外に青汁と野菜ジュースにはその製造方法に大きな差があります。野菜ジュースはまず野菜を加熱処理した後その野菜を絞る事で生成されます。しかしこの方法では熱に弱いビタミンは多く損なわれてしまう上に絞り汁には食物繊維も殆ど含まれません。一方青汁はフリーズドライによる製法を主体としている為ビタミンや食物繊維を殆ど損なわずに取り入れる事ができます。

青汁で摂取できる成分

1月 16th, 2014

青汁は主にケールや大麦若葉等の緑葉野菜を汁にしたものを指す事が多く、野菜不足の解消手段として注目を集めています。ただ一概に成分といっても主原料がケールか大麦若葉かによって摂取できる内容は違ってきますし、他にどのような野菜が含まれているかによっても異なってきます。ただケール、大麦若葉、明日葉のいずれにしろこれら商品の主原料となっている緑葉野菜には決まって含まれている成分があるので紹介します。


青汁は何といってもビタミンが豊富

青汁は何といっても野菜に多く含まれるビタミンが簡単にとれるのが魅力です。例えばレモン等に多く含まれるビタミンCは免疫力を強化する役割がある他アンチエイジングの効果があると言われています。またビタミンAには癌の発生を抑える効果がある他、目にもいいと言われています。他にもビタミンBなど青汁では多くのビタミンが手軽に摂取可能です。


ミネラルや食物繊維もたっぷり

また青汁にはカルシウムやカリウムといったミネラルも多く含まれています。カルシウムは骨を上部にする他ストレスを緩和する効果などが認められていますし、食物繊維は身体の代謝を良くし体内を綺麗にする為、青汁は便秘の解消手段としても注目されています。このように青汁を飲み続ける事で様々な健康効果が期待されます。

青汁で必要なビタミンを摂取

1月 6th, 2014

青汁というと、まずい、苦いというイメージがありませんか?過去にも、あえてまずさを全面的に押し出したテレビコマーシャルなどがあったことから、少し敬遠してしまいがちです。しかし、現在は飲みやすい青汁が増えたことや、改めて含まれるビタミンや栄養価などに注目している人が増えているそうです。


美味しい青汁が増えている

青汁というと不慣れですが、少し前からモデルなどがグリーンスムージーを摂取していると話題になったのを覚えていますか?あれは生の野菜や果物を氷などと一緒にミキサーにかけて飲むものです。生で食べるには大変ですが、すりつぶして栄養はそのままに多く摂取できるように工夫したものです。これは青汁と同じ発想で、なかなか食生活だけでは摂取することが難しい野菜を簡単に摂れるようにしたのです。味も抹茶風味で飲みやすい青汁が増えています。


美味しいから続けやすい

もちろん、自分で思いついたときに野菜などを摂ることも大切ですが、食生活などは習慣です。そのため、続けられなくては意味がありません。多くの場合、水に溶けやすいパウダーになっているので続けるための負担が少なく済みます。ただし、これらの中には一部の薬を飲んでいる人や、疾患のある人は飲めないものもあります。病院にかかっている人はあらかじめドクターに相談してみましょう。