野菜不足の危険性

1月 16th, 2014

野菜不足の解消手段として青汁は今注目を集めていますが、なかなか人は実際に何らかの症状が出てからでないとこういった習慣ははじめられないもの。勿論健康の為、身体にいいからという理由で飲み始める人もそれなりにいるとは思います、しかし基本は何かしらの不調を自覚してからというケールが多いようです。では野菜不足に陥ると実際どのような影響を身体に及ぼすのでしょうか。


野菜不足の概要

野菜不足とは即ち野菜を摂る事で本来摂取する必要のあるビタミンやミネラルといった栄養素が不足しているという状態です。例えばビタミンが不足してくると免疫力が低下する他、人体の酸化が早まり老化を加速させると言われています。またカルシウムの不足は成長を妨げますし、カリウムが不足すると塩分過多となり血圧が高くなる傾向にあります。血圧が高くなると言わずもがな心不全や脳梗塞といった症状の原因となり得ますし、これは最悪死んでしまうので一度症状が出てから青汁を飲もう、では遅すぎます。


青汁で症状を予防しよう

このような症状が発症するまで野菜不足を放置しておくのではなく、青汁は手軽にはじめる事ができるのでまず何かしら不安があるようなら手を打ちましょう。野菜付属解消の為には朝一に野菜やフルーツを食べるのが効果的とされているので青汁も朝一に飲むと良いでしょう。

Comments are closed.