青汁で摂取できる成分

1月 16th, 2014

青汁は主にケールや大麦若葉等の緑葉野菜を汁にしたものを指す事が多く、野菜不足の解消手段として注目を集めています。ただ一概に成分といっても主原料がケールか大麦若葉かによって摂取できる内容は違ってきますし、他にどのような野菜が含まれているかによっても異なってきます。ただケール、大麦若葉、明日葉のいずれにしろこれら商品の主原料となっている緑葉野菜には決まって含まれている成分があるので紹介します。


青汁は何といってもビタミンが豊富

青汁は何といっても野菜に多く含まれるビタミンが簡単にとれるのが魅力です。例えばレモン等に多く含まれるビタミンCは免疫力を強化する役割がある他アンチエイジングの効果があると言われています。またビタミンAには癌の発生を抑える効果がある他、目にもいいと言われています。他にもビタミンBなど青汁では多くのビタミンが手軽に摂取可能です。


ミネラルや食物繊維もたっぷり

また青汁にはカルシウムやカリウムといったミネラルも多く含まれています。カルシウムは骨を上部にする他ストレスを緩和する効果などが認められていますし、食物繊維は身体の代謝を良くし体内を綺麗にする為、青汁は便秘の解消手段としても注目されています。このように青汁を飲み続ける事で様々な健康効果が期待されます。

Comments are closed.