青汁の健康効果

5月 30th, 2014

青汁の健康効果は古くからあると言われ続け、司馬遼太郎も飲んでいたそうです。そんな青汁ですが、具体的な健康効果は非常に幅広く、栄養価もさまざまなものを持っている飲み物なのです。


<青汁の栄養価>

青汁といっても成分は定まっておらず、メーカーごとにさまざまです。例えば定番の材料であるケールに注目すると、なんとケールの青汁を300ミリリットル飲めば不足しがちな栄養素は全て補えると言われています。ケールの栄養素は、ビタミン全般を多く含んでおり、それ以外にも鉄分、ナトリウム、カリウム、マグネシウムといったミネラル分と食物繊維が多く含まれています。そうした栄養素の高い植物を絞って作られています。


<健康効果>

健康効果がたくさんあるというのは、幅広く必要な栄養素を多く含んでいるので、飲み続けると栄養バランスが改善され健康になるという意味です。特に期待して飲まれている効果のひとつはコレステロールの抑制と血栓の予防です。これらは悪化すると深刻な病気になるので、対策として飲まれています。栄養バランスの改善は生活習慣病に効果があり、多く含まれている食物繊維は便秘にも効果があります。女性の方はダイエット目的で飲まれる方が中心のようです。

Comments are closed.